ロック・ザ・カスバ

ロック・ザ・カスバ!(2015)Rock the Kasbah
 
監督:バリー・レヴィンソン
出演:ビル・マーレイ、ブルース・ウィリス、ケイト・ハドソン、ゾーイ・デシャネル、テイラー・キニー
 
『かつては栄光を手にしながら、今ではすっかり落ちぶれてしまった音楽芸能マネージャーのリッチー(ビル・マーレイ)。
未だ一攫千金を夢見る彼は、嫌がる所属歌手のロニー(ゾーイ・デシャネル)を無理やり引き連れてアメリカ軍の慰問コンサートに参加することに。』
 

 
歌手オーディション番組「アフガン・スター」にも出演したSetara Hussainzadaをモデルにした作品だそうです。

胡散臭さと女たらし感を演じさせたら超一級の我らがビル・マーレイには文句なし。
 
前半の「アメリカン・レポーター」を思い出すようなヤベーとこ来ちゃった感もあり
結構大好物な展開なんだけど
後半なんだかテーマがテーマなだけに、ぬるくも感じた。
10年まえならこのトーンで突き進むのもありだったかも。
 
しみるのう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。