知らなすぎた男

知らなすぎた男(The Man Who Knew Too Little)[1997]

監督:ジョン・アミエル
出演:ビル・マーレイ、ジョアンヌ・ウォーリー、
   ピーター・ギャラガー、アルフレッド・モリーナ、ニコラス・ウッダーソン

 

アメリカでビデオ店に勤務しているウォレス(ビル・マーレイ)は
自身の誕生日の記念にイギリス在住の弟ジェイムズのもとを訪れる。
しかし、仕事で忙しいジェイムズは時間つぶしの為に
兄を今話題の観客参加型演劇「Theater of Life」に参加させることに。
・・・と厄介払いしたのはいいのだが
ウォレスが待ち合わせの場所で受けた演技指示は
なにがどう間違ったのか本物のイギリス諜報部からの指令だった・・・・

 

まったく知らないうちに事件がどんどん大事に。という
よくある感じのコメディですが
演劇だと思い込んでいるウォレスのノリノリっぷりが素敵。

弟にヒロインを紹介するシーンが必見です。

 

タイトルは
ヒッチコックの「知りすぎていた男」(The Man Who Knew Too Much)から。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください