Category Archives: 映画

感想(邦画) 映画

来る

来る(2018)
 
『第22回日本ホラー小説大賞に輝いた澤村伊智の小説「ぼぎわんが、来る」を、『告白』などの中島哲也監督が映画化。謎の訪問者をきっかけに起こる奇妙な出来事を描く。』
 

 
中島哲也監督の前作「渇き」が結構好きだったので行ってきました。
怖さという面ではこの直近に観た「ヘレディタリー」には劣るけど趣旨が違うというか…
 
中盤までのドロドロした人間関係の助走も相まってか
ラストの「お祓いアベンジャーズ」による盛り上げ感は最高です。大好物です。
ぼぎわんってどんだけ強いねん!
 
昨今のJホラーのスターキャラクターといえば
貞子や伽椰子だったと思うわけですが「貞子vs伽椰子」でもうすでにホラーとは別次元に逝っちゃったので
 
今回の比嘉琴子(松たか子)は新スターの登場ですな
口調、飯の喰い方、殴り方などなぜかビンビン来ます。
比嘉姉妹シリーズ「ずうのめ人形」「ししりばの家」「などらきの首」を是非映像化していただきたい。
 
・・・
逢坂セツ子(柴田理恵)をみてて宜保愛子を思い出した
彼女もTVの露出が減った後、人知れず霊と戦い死因も胃がんじゃなくお祓いの失敗だったらいいな。なんて・・・なんて・・・
 
ラストの余韻を吹き飛ばすオムライスの国は
映像化する必要が本当にあったのかとかいろいろあるが、まぁ『楽しめた』映画でした。
 

感想(洋画)

ボヘミアン・ラプソディ

ボヘミアン・ラプソディ(2018)Bohemian Rhapsody
 
『伝説のバンド、Queen。地上で最も愛されたエンターテイナー、フレディ・マーキュリーの物語がついに明かされる。』
 

 
最高だ。
混んでそうで二の足踏んでたけど映画館で正解だった。
 
一部史実通りではないと言われてるそうだが(HIVを知った時系列)
映画なんだからこれぐらいで丁度いいんじゃないだろうか。
 
 
後半のLive AID 完全再現はなんだろう 
歌が連続でかかるだけなのに泣ける泣ける
 
映画後に実際映像で再度涙。
 

 

感想(邦画)

愛しのアイリーン

愛しのアイリーン(2018)
 
『幸せを買った男。シアワセを夢見た少女。二人で歩む、地獄のバージン・ロード!
新井英樹の原作をヒメアノ~ルで日本を震撼させた吉田恵輔監督が史上初の映画化。』
 

 
ヤスケンで新井英樹原作というのでヨダレ垂らして観てきました。
 
非常に赤裸々で身につまされ重い…が
お笑い要素も結構ある(ほぼ下ネタ)
 
「おまんこ」発言回数は史上最多ではないだろうか。
 
差別用語満載、隠語満載。
でもそれこそが新井英樹ワールドっぽいというか、なんというか。
 
とにかく主要メンバー全員がどこか壊れている
その破損部位が晒し出される瞬間のそいつの顔が絶妙だ。
吉岡愛子の終盤のあの情けない顔が忘れられない。
 
 
そんでもって、とにかく演技が良い。
安田顕、木野花は言わずもがなだけど
ナッツ・シトイは新井英樹作品ヒロイン感が出ててナイス抜擢だと思う。
 
ネタバレ感が凄いこっちの予告を見てると主題歌「水面の輪舞曲」が傷に染みる。
 
判子押しをさらっと見せてからのラストあのシーンとか泣いちゃうだろう
 
「一部の人」に激しくお薦めです。
 
この勢いでワールド・イズ・マインの映画化も…まぁあれは無理か。
 

感想(ドキュメンタリー)

カール・メルツァー:スピードヤギの挑戦

カール・メルツァー:スピードヤギの挑戦(2017)Karl Meltzer: Made To Be Broken
ドキュメンタリー 41分
 
『米国で最も険しいアパラチアン・トレイルの約3500キロを走る過酷なレースで、新記録を目指すウルトラランナーの最後の挑戦を追う。』
 

 
クレイジージャーニーでやってたアドベンチャーレースが良かった人は是非ご覧あれ。
 
わたしに会うまでの1600キロ」のパシフィック・クレスト・トレイルや
コンチネンタル・ディヴァイド・トレイルなどと並ぶアメリカにおける三大長距離自然歩道のひとつ
アパラチアン・トレイルに挑む男の話。
 
アパラチアン・トレイルは14州にまたがる約3,500kmの自然歩道
毎年約2000人がチャレンジし、成功するのはわずか10%ほど。
 
常識を遥かに超えた長距離を走るウルトラマラソン界のレジェンド、カール・メルツァー
スコット・ジュレクの樹立した「46日8時間7分」を破るため
45日での走破を目指して挑む。
 
春から10月中旬までの期間で自由に記録に挑戦するので
レースという感じではなく(そもそもそういうものでもない気もする)
まさに自分との闘い。
 
単純計算で1日80km、未舗装の山道を走り抜ける尋常じゃない行程
毎日フルマラソン2回分しろって言われたら泣いちゃうよ…
 
とにかく、尋常じゃない超人の物語。
 
おすすめです。
 
https://www.netflix.com/title/80233478
 

感想(洋画)

デッドプール2

デッドプール2(2018)Deadpool 2
 
『全世界で大ヒットを記録した異色のヒーロー映画「デッドプール」の続編。』
 

 
アトミック・ブロンド、ジョン・ウィックなど
アクション映画で今一番アツいと思われる”87イレヴン“チームのデヴィッド・リーチを監督に据えてデッドプール続編という夢の組み合わせ。
 
いやーデップーさん最高っす。Xフォース!(゚乂゚)
前作とX-MENシリーズ知識、映画のこれしき一般常識があればそれなりに楽しめるんじゃないだろうか。
溢れるヒュー・ジャックマン愛や満載すぎる小ネタ
MCUネタや個人的には嫌いなDCUイジリもちゃんとあって素敵である。
 
ケーブルも良かったけどドミノが凄くて惚れた。
 
なんていうかライアン・レイノルズ良かったね!と激しく喜べる映画だ。
スタッフロールもちゃんと見るべし。
さっさと席立って帰ってるひといたけどアレみないで帰るって可哀そうだなと思った。