Category Archives: 感想(洋画)

感想(洋画) 映画

エイリアン: コヴェナント

エイリアン: コヴェナント (2017) Alien: Covenant
 
「プロメテウス」の続編で、エイリアン新シリーズの2作目。
 

 
いちおうゼノモーフ大好きっ子として観には行ったものの
プロメテウスの時点でわかっちゃいるんだけど
そんな小難しいの求めてないんだけどなぁ…
 
小難しいわりに乗組員達の大半が微妙な奴ばかりで納得いかない感。
 
エイリアンってプリクエルいらないんじゃなかろーか。謎のほうが素敵な事もあるじゃない。
 
それにしてもヒロインたしかに近藤春奈に似てるなw
 

感想(洋画) 映画

ヒットマンズ・ボディガード

ヒットマンズ・ボディガード(2017)The Hitman’s Bodyguard
 
『ボディガードとは、命の危険を伴う過酷な仕事。だが今回の危険度はけた違い。
 次々と迫りくる刺客から、伝説の殺し屋を守り切れ!』
 

 
日本劇場未公開のNetflix配信。
 
爽快です。
いまをときめくライアン・レイノルズをはじめ
サミュエル・L・ジャクソン、ゲイリー・オールドマン、サルマ・ハエックなど豪華メンバー。
 
サルマ・ハエック美しいのう(*´Д`*)部屋の隅に立たされたい
キンケイドとの出会いのシーンはTITTY TWISTERを思い出したよ。サンタニコ~
 
アクションシーンはエクスペ3の監督なだけあって日本で劇場未公開なのがもったないぐらい良かった。
シートベルトは大事だね
 
贅沢を言えば、もうちょっとブライスとキンケイドの対比が明確だったら良かったのになーと。
デジタルとアナログとか、矛と盾っぽい感じとか、人当たりの部分とか。
 

感想(洋画)

刑事ハンサム

刑事ハンサム(2017)Handsome: A Netflix Mystery Movie
 
『殺人事件を捜査する刑事、ジーン・ハンサムにとって、事件解決のカギを見つけるよりも、
 自分の孤独な私生活に足りないものを見つける方がずっと難しい…。』
 

 
Netflixオリジナルミステリーとうたわれているが
そんなものは冒頭5秒で打ち砕かれる単なるコメディである。
 
全編シュール。
主人公以外全員ポンコツ。
唯一まともな主人公も日本的な突っ込み役というわけでもないので
見ながら心の中で「なんでやねん」を連発しながら鑑賞した。
 
ポンコツが多すぎて後半飽きたけど
ラストの娘っ子の踊りは良かった。
 
主人公のおっとりしたおデブ刑事ハンサム役のジェフ・ガーリンが
なりすましアサシン」のケヴィン・ジェームや、それこそダン・エイクロイドのようなやさしそうなおデブというより
どことなく狂気を感じさせるおデブなんだよなぁ
 
とおもいつつググったらリアルではそれなりにバイオレンスなようである。
 
正直、それほどオススメ作品でもない。
 

感想(洋画)

ウォー・マシーン

ウォー・マシーン:戦争は話術だ!(2017)War Machine
 
『誰も望まない戦争の駐在軍司令官に任命された大将は、それでも勝つと心に誓い、
 周りの混乱や意見はお構いなしに突き進む。思い上がりこそ最大の敵だと知らず…。』
 

 
スタンリー・マクリスタルを取材したノンフィクション本「The Operators」原作作品。
著者は既にお亡くなりなんですのう
邦題にわざわざ「戦争は話術だ!」と付いているように戦闘は少ないです。
「戦争は話術だ!」なしでウォー・マシーンだけのが作品の芯をとらえた感じがするけど・・・
 
「劇中の」陸軍将軍マクマホンは方針は間違えているかもしれないが良い奴で良い上司だ。
マッチョ思想全開で仲間想いの男が完全に後始末・尻ぬぐい要因として投入され、それでも前向きに頑張るお話だ。
 
中盤、語り部が誰かわかるわけだけど
昨今のメディア状況から感じる感想としては
「なんでこんな軍人は偉そうにしてるんだ」的なこと言ってるけど
お前もなんでそんな上目線なんだ・・・とも感じた。
 
そもそも道徳的な正論だけでは全く何も実際には解決しないこの世の中で
全員一致で納得出来る状態になんて誰がやっても結局到達できず、どれを選んでも間違いならば
せめて過程だけは、こんな仲間を大切にする上司と歩みたいもんだ。
 
ラストのあのお方の登場はとてもマッチョ感があって良かった。
なんとなくハート・ロッカーっぽいなとも思った。
 

感想(洋画) 映画

ワイルド・スピード ICE BREAK

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017)The Fate of the Furious / Fast & Furious 8
 
『ワイルド・スピードの第8作目。強固な絆で結ばれていた“ファミリー”が、ドミニクの裏切りでバラバラになっていくさまを描く』
 

 
喧嘩の後は友達(ダチ)で、さらに共闘後は家族(ファミリー)だ!
 
というのはわかるけど
後半の展開に素直に笑えないのは何故か。
デッカード・ショウがハンを殺しているからだ。
ジゼルも奴の弟との闘いで死んでいるからだ。
 
2013年に亡くなったポール・ウォーカーの演じたブライアンは物語の中では生きているのはアツいものを感じる。
作品中あつかいが別格なのも当然。
なんだけど
物語上生きているブライアンと、物語上亡くなったハン達の扱いの差には
ストーリーとしては納得いかない気もする
 
気もするんだけど、実際にはサン・カンもガル・ガドットも亡くなってないわけで
物語を飛び越した映画チームとしてのファミリー感はいいなとも思ったり。
 
好きなだけに重箱の隅をつついてしまうこのジレンマ。
単品としては最終3部作の1作目として今後も期待できる作品でした。
 
それにしても昨今のシャーリーズ・セロンは素晴らしいですの
登場だけで悪役強敵感が出せる女優は、彼女とシガニー・ウィーバーぐらいだな。