Category Archives: 感想(邦画)

感想(邦画) 映画

来る

来る(2018)
 
『第22回日本ホラー小説大賞に輝いた澤村伊智の小説「ぼぎわんが、来る」を、『告白』などの中島哲也監督が映画化。謎の訪問者をきっかけに起こる奇妙な出来事を描く。』
 

 
中島哲也監督の前作「渇き」が結構好きだったので行ってきました。
怖さという面ではこの直近に観た「ヘレディタリー」には劣るけど趣旨が違うというか…
 
中盤までのドロドロした人間関係の助走も相まってか
ラストの「お祓いアベンジャーズ」による盛り上げ感は最高です。大好物です。
ぼぎわんってどんだけ強いねん!
 
昨今のJホラーのスターキャラクターといえば
貞子や伽椰子だったと思うわけですが「貞子vs伽椰子」でもうすでにホラーとは別次元に逝っちゃったので
 
今回の比嘉琴子(松たか子)は新スターの登場ですな
口調、飯の喰い方、殴り方などなぜかビンビン来ます。
比嘉姉妹シリーズ「ずうのめ人形」「ししりばの家」「などらきの首」を是非映像化していただきたい。
 
・・・
逢坂セツ子(柴田理恵)をみてて宜保愛子を思い出した
彼女もTVの露出が減った後、人知れず霊と戦い死因も胃がんじゃなくお祓いの失敗だったらいいな。なんて・・・なんて・・・
 
ラストの余韻を吹き飛ばすオムライスの国は
映像化する必要が本当にあったのかとかいろいろあるが、まぁ『楽しめた』映画でした。
 

感想(邦画)

愛しのアイリーン

愛しのアイリーン(2018)
 
『幸せを買った男。シアワセを夢見た少女。二人で歩む、地獄のバージン・ロード!
新井英樹の原作をヒメアノ~ルで日本を震撼させた吉田恵輔監督が史上初の映画化。』
 

 
ヤスケンで新井英樹原作というのでヨダレ垂らして観てきました。
 
非常に赤裸々で身につまされ重い…が
お笑い要素も結構ある(ほぼ下ネタ)
 
「おまんこ」発言回数は史上最多ではないだろうか。
 
差別用語満載、隠語満載。
でもそれこそが新井英樹ワールドっぽいというか、なんというか。
 
とにかく主要メンバー全員がどこか壊れている
その破損部位が晒し出される瞬間のそいつの顔が絶妙だ。
吉岡愛子の終盤のあの情けない顔が忘れられない。
 
 
そんでもって、とにかく演技が良い。
安田顕、木野花は言わずもがなだけど
ナッツ・シトイは新井英樹作品ヒロイン感が出ててナイス抜擢だと思う。
 
ネタバレ感が凄いこっちの予告を見てると主題歌「水面の輪舞曲」が傷に染みる。
 
判子押しをさらっと見せてからのラストあのシーンとか泣いちゃうだろう
 
「一部の人」に激しくお薦めです。
 
この勢いでワールド・イズ・マインの映画化も…まぁあれは無理か。
 

感想(邦画) 映画

アウトレイジ 最終章

アウトレイジ 最終章(2017)
 
『全員暴走!遂に全面戦争勃発!先の読めない《裏切り》《駆け引き》《騙し合い》の末、
 どんな決着をみせるのか?大ヒットシリーズ見納めの最終章!』
 

 
さっそく観てきました。
ドンパチ・拷問少ないけど、こういう感じは嫌いではない。
みんな歳とったな~ってまず感じた。ソナチネ思い出したりもした。
 
さいきんピエール瀧が良い強面役でいろんな映画に出てるけど
この強面(コワモテ)日本選手権の中だとまだ若造だなとw
 
中でも塩見三省が大好きでして
最初に印象に残ったのは「眠らない街 新宿鮫」の汚職警官役だろーか。
脳梗塞で倒れて以降体重も大分落ちたようですが、強面ぶりは健在ですのう
 
にしても3作見終えたけど、やっぱ1作目が一番好きだな~
椎名桔平の死に方は最強だよ(´ー`)
 

感想(邦画)

BLAME!

BLAME!(2017)
 
『正常な機能を失い暴走する巨大階層都市で抹殺される人類。
孤独な旅人・霧亥は、人類の生き残りを賭け、かろうじて生き延びていた村人たちと共に戦うことを誓う。 』
 

 
弐瓶勉のデビュー作の映画化。
面白かった!
 
まぁ機械に支配されてるっていうありきたりな話ではあるが
もはやこのテーマってジャンルみたいなもんで「ゾンビをどう見せるか」が重要で
ゾンビぱくってるって言い出したら話が前に進まない気もする。
 
そういう意味じゃ「シドニア」といい、
ポリゴン・ピクチュアズと弐瓶勉の世界観がいい感じにマッチしてるのか
絶望的状況感が絶妙で良いです。
 
とにかくシボさんが素敵である。どの形態でも素敵である。
シドニアの白羽衣つむぎも良かったが、これからはシボさん押しでゆきます。
 
BLAME!(ブラム)公式サイト
 

感想(邦画) 映画

GANTZ:O

さっそく観てきました。
 
movie20161015
 
これこそ求めていたGANTZの映像化ではないかと。
 
大阪編から変に仕切りなおしたせいか、2時間にまとめてるせいか
微妙に見てるこっちが感情移入するまえにどんどん進行して
展開についていけないような気がした。
 
でも概ね良かった。
というより最初から下手に実写化しないで
全部これでやってればよかったと思った。
 
以下ネタバレっぽい感想
 
 
 
 
そもそも今回の主人公加藤からして設定がけっこう違っていた。
 
原作の主要どころは
 
玄野は鬼星人と相討ちで死亡したことに。
 
大阪チームは
メガネくん、花紀、桑原あたりが削られていた。
東京チームは
稲葉、坂田、桜井、吸血鬼ペアが削除
 
ホストざむらいが削られたことで
意外な人物が最後活躍してそれはそれで良かった
 
きんにくらいだーは最後の回想でちらっと見えたのでどっかで死亡したってことだろうか。
(クリアしたってもありえるのか…)
 
岡八郎はロボ含めやっぱかっこいいけど
ケンコバ活舌悪いのか映画館の音響が悪いのかセリフ聞きづらかった。
  
ドレスコーズの「人間ビデオ」が最高に素敵すぎる。