Category Archives: 感想(ドラマ)

感想(ドラマ)

ストレンジャー・シングス

ストレンジャー・シングス 未知の世界(2016-2017)Stranger Things
海外ドラマ シーズン1~2
 
『平和な町で突然起こった少年の失踪事件。家族や地元の警察が捜索を続けるなか、
 謎に包まれた少女が現れる―。政府が秘密裏に行う恐ろしい実験、次々に発生する超常現象に隠された真実とは?』
 

 
面白い。ほっこり出来る良作。
 
私も幼少期にこんな超能力少女と出会いたかった(‘A`)
 
青春時代にウィノナ・ライダー大好きっ子だった私としては
もう↓この開幕のオープニングで震える
 

 
仲良し少年4人組はもとより
憎たらしかったのに、だんだん可哀そうにすら見えてくる実はスゲー良い奴スティーブ。
抜けてそうで実は真のヒーロー、ボブ。
素敵なキャラ勢揃いです
 
ボブとジョイスの会話で
子供のころいじめられてた、だけど今の俺を見ろ。ジョイス(ウィノナ)とデートしてるんだぜ!っていうとこで
「ジョニー・デップなど名だたるイケメンと浮名を流したウィノナが最終的に俺とつきあってるんだぜ」に変換して
すげえぜボブ!とガッツポーズした。
 
ゴーストバスターズネタや昔懐かしアーケードゲームなどなど
1980年代の楽しかったものがいっぱい詰まっている素敵なドラマです。シーズン3も待ち遠しい。
netflix入ってるなら是非。
 
MKウルトラ計画といえば「陰謀のセオリー」を思い出す。
Can’t take my eyes off you懐かしい
 

感想(ドラマ)

マインドハンター

マインドハンター (2017) Mindhunter
海外ドラマ シーズン1-10話
 
『1970年代後半、殺人犯の心理を研究して犯罪科学の幅を広げようとするFBI捜査官2人。
 研究を進めるうち、あまりにリアルな怪物に危ういほど近づいてゆく。』
 

 
FBIのプロファイラー、ジョン・ダグラスのノンフィクション「マインドハンター」原作
デヴィッド・フィンチャーが製作総指揮
 
ここ最近見た海外ドラマで一番ツボにはまった。面白い。怖い。
 
基本刑務所にいる大量殺人鬼への聞き取りと
リアルタイムで起こる殺人事件の捜索が並行し
徐々に連続殺人鬼のプロファイリングを確立してゆく過程が描かれる。のだけど
 
開始当初はそんな捜索方法は確立しておらず手探りなので
バシバシ事件を解決していくとかはなく、まさに「闇の中」。痛快要素皆無です。
 
出てくる殺人鬼は実在人物がモデルで
エド・ケンパージェリー・ブルードスリチャード・スペックなどなどが登場
 
直接的な残虐描写は無く、淡々と会話劇が進行していくだけなのに
「あ、これやばい奴や」とゾクゾクくるのは凄いです。
 
シーズン2も確定していて
今後、主人公である若き捜査官ホールデン・フォードが自分を見つめなおし
立派な捜査官となっていくのか、はたまた「闇落ち」するのか楽しみな1作です。
 
 
 
【以下ネタバレ、未見はリンクとばないように】
 
ちょくちょくでてくるヒゲのオッサンがあいつかもしれないということは
デヴィッド・フィンチャーだしあの事件ともからんだような内容になっていくのか待ち遠しい限りです。
 

感想(ドラマ)

エル・チャポ

エル・チャポ(2017)El Chapo
ドラマ season1 1~9話
 
『メキシコの麻薬王と呼ばれるまでに上りつめ、
 逮捕後刑務所から”世紀の脱獄”を果たしたホアキン・”エル・チャポ”・グスマン。
 彼の栄光と堕落を史実に基づき描く。』
 

 
メキシコ最大の麻薬組織「シナロア・カルテル」の最高幹部、麻薬王ホアキン・グスマン、通称エル・チャポ(チビ)の物語。
日本でも刑務所から地下トンネルを使って脱獄(2回目)したことは有名ですのう
 
ナルコスの後継のような作品でオープニングもおもいっきりナルコス風
 
エル・チャポ オープニング https://youtu.be/9NSWB5IcAwI
ナルコス オープニング https://youtu.be/PtJ6yAGjsIs
 
中身も当時の報道を織り交ぜた感じでナルコス好きにはおすすめです。
エスコバルもでてくるのでぜひナルコスから見ると良いと思います。
 
シーズン1はちょっと頭角をあらわしてきたチャポが一回目の刑務所収監をされるところまでのお話。
完全な王になるのは1回目の脱獄後の潜伏時代なのでシーズン2以降も楽しみです。

何人かの視点で同じ時間軸を見るバンテージ・ポイントのような回もあったりして
けっこう遊んでいる気もする
 
シーズン1が中途半端なとこで終わる割に
最終話チャポがひとり歌うEl Rey(王)という曲にしびれて変に納得してしまった。
最後かっこよすぎだろ
 

 

感想(ドラマ)

ナルコス シーズン3

ナルコス シーズン3(2017) Narcos:Season3
 
『暴力的で知られるコロンビアの悪名高きドラッグ・カルテル。
 実在するその元締めの複雑で壮絶な人生を描くギャングスター・ドラマの決定版シリーズ。』
 

 
パブロ・エスコバル率いるメデジン・カルテル崩壊後のカリ・カルテル全盛時代の話
メデジン・カルテルのいわゆるエスコバル、ワンマン経営と違い
カリ・カルテルは組織力を武器に政府や警察・企業にまで巧妙に癒着し
前回にもまして腐敗感満載。
 
そのわりには小さな綻びからそれぞれの思惑が錯綜しグダグダになっていくあたりには
なんだか自壊していっているようにも見えた。
 
カリージョ大佐亡き後の今回の注目は、周りが駄目なやつだらけで
仕事が出来るだけで全く望んでいないのにカルテルでどんどん出世していく男・ホルヘ(Matias Varela)だ。
カルテル裏方のホルヘ視線で進行するせいで
地味にナベガンテ(Juan Sebastián Calero)がいい味だしてたなぁ~と思った。ナベガンテのエピソードもっと欲しかった(´Д`;)ハゲ好きなんだなぁ
 
シーズン4も決まっているということで
次回の舞台は「待望のあそこ」っぽいので
フアレス・カルテルとかかなぁ?アマド・カリージョ・フエンテス(José María Yazpik)が出てたし。
作中の年代的にはまだまだ先だけどホアキン・グスマンの大帝国誕生ぐらいまでシーズン続いてくれるといいのにな。
 

感想(ドラマ)

アイアンフィスト

Marvel アイアン・フィスト(2012)The Man with the Iron Fists
 
『死んだと思われたダニー・ランドが15年ぶりに姿を現す。大人へと成長し、アイアン・フィストの力を手にした今、自らの過去を取り戻し運命を全うする時が来た。』
 

 
Marvelドラマシリーズの一作。
 
アイアン・フィストの特殊能力が滅多に使われないのでヒーローものというよりカンフー映画。
二転三転する一族の愛憎劇が無駄にストーリーをかき乱しているように感じる。
貞操の誓い立てていると発言してから破るまでが早すぎる。
戦いに巻き込んでおいて要所要所で「ここから先は危険だからひとりで逝く!」とか言い出すがピンチになるとまた巻き込みに戻ってくる。
敵ボスのババアが何でも知っている。核心部にいるのに何故か何にも知らないヒロイン。
 
などなど納得いかない部分も多いが
きっともうすぐ公開のMarvel ザ・ディフェンダーズに向けて関連作品を消化するのである!