ピーター・ベンクマン

ピーター・ベンクマン博士(Dr. Peter Venkman)

ゴーストバスターズメンバー。
超心理学と心理学の博士号を持つ。
ゴーストバスターズの「口」とも言われるほど口八丁であり相手を煙に巻くのが上手い。

基本、いいかげん。対象がゴーストでも基本いいかげん。美人>超常現象
初期の電気ショック実験のシーンで実験対象の青年が第六感を発症したにもかかわらず
女子に夢中でさらっと無視して流すあたりもいいかげんである。

バスターズ開業前はコロンビア大学の教授として
イゴン・スペングラー博士とレイモンド・スタンツ博士と共に超常現象研究室にて研究をしていた。
が、いかがわしい研究内容(主にベンクマンの研究と思われる)に目をつけられ
大学にクビにされる。

失業後、ゴースト退治をビジネスとして始めようと言い出したのもベンクマン。

個人的にクビ後に大学前で起業についてベンクマンとレイが会話するシーン↑
映画の中で一番好きなシーンだ。

「1」終了後のゴーストバスターズ解散後は
テレビ番組「World of the Psychic」の司会者をしていた(視聴率最悪)
「1」でデイナと結ばれるが「2」冒頭では破局している。
※結婚の話になるとベンクマンが狸寝入りした為。

イゴンは解散後のベンクマンについて「少々危なかったが、ついにイカれた。」と語っている。

映画公開時のベンクマンのキャッチフレーズは
ひっこんでろ!俺は科学者だ。(Back off, man, I’m a scientist)

演じたのはビル・マーレー(Bill Murray)

企画段階ではベンクマン博士役はジョン・ベルーシが演じる予定だったが、
彼の急死によりビル・マーレイが演じることとなった。
ビル・マーレイは非常にアドリブの多い役者でアドリブの度に脚本を手直ししたとか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。