スコレーリ兄弟

スコレーリ兄弟(Scolari Brothers)

ヌンチオ・スコレーリ(Nunzio Scolari) 『デブ』と
トニー・スコレーリ(Tony Scolari) 『ガリ』。

1948年にスティーブン・ウェクスラー裁判長によって有罪にされ
電気椅子刑で処刑された凶悪犯兄弟。

裁判長のバスターズへの罵詈雑言に証拠品として置かれていたスライムが反応し
負のエネルギーが蓄積してスコレーリ兄弟をゴーストとして生み出した。
極刑にされた恨みもあるのか、まず裁判長から狙っている。

裁判所で大暴れするものの
「幽霊退治禁止」の裁判所命令と裁判の判決を取り下げることを条件に
バスターズによって捕獲される。

通説ではモデルはイゴン役のハロルド・ライミスの父ネイト・ライミスの店に
強盗に入ったスコレーリ兄弟という実在の犯罪者らしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.