マシュマロマン

マシュマロマン(Stay Puft Marshmallow Man)

体長34メートル。
帽子にも書いてある「STAY PUFT」は「いつもフワフワ」の意。

破壊神ゴーザがニューヨークを破壊する為変身した破壊者の姿。

ゴーザは破壊者の形を人類に選ばせる。
ボルド人滅亡時は巨大なナメクジ、マケトレ人第3回征服時は口から火を噴くイボガエル

選択の際、レイが一番害の無いものを考えようとした結果
子供の時キャンプでマシュマロをあぶっていたことを思い出してしまったため
マシュマロマンの姿をした破壊者が現れた。

バスターズは次元の扉をレーザー交差させることによって破壊。
マシュマロマンも溶融状態のマシュマロクリームと化し崩壊。

※ボツシーンでは崩壊後、帽子だけが降ってくるシーンがあるので
帽子だけは実体のある本物のデカい帽子かも・・・

マシュマロマンは映画内架空の会社Stay Puft Marshmallow社のマスコット。
ディナの部屋の台所で目玉焼きが勝手に出来るシーンに
マシュマロマンの描かれたパッケージが登場する

※実在するPillsbury社のマスコットDoughboyとMichelin社のマスコットMichelin Manがモデルとされる

登場シーンは最初、川から現れる設定だったが予算の都合でボツ。
崩壊後のクリームはシェービングクリーム。使用された総量2000リットル。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。