ウィンター・オン・ファイヤー

ウィンター・オン・ファイヤー: ウクライナ、自由への闘い
Winter on Fire(2015)ドキュメンタリー
 
『2013年ウクライナ政府が、協定凍結反対デモの強制排除に乗り出したことを発端に、平和な国民デモが流血の革命へと急転する。』
 

 
親露ヤヌコーヴィチ政権のEUとの政治・貿易協定見送りを抗議する学生デモから始まり
やがて大規模な公民権運動「マイダン革命」へと発展し大統領退陣へと追い込む「まで」の話。
 
この後、ロシアがクリミアへ軍事介入してさらに混沌へと突入するわけで
独裁者を倒し勝利するまでが「序章」という
中東などにも見られるその後の争乱っぷりを思うとなんとも複雑な思いになるのです。

■個人的メモ
ティテュシュキー(Titushky)…ジャーナリストに暴力をふるったVadym Titushkoという格闘家が語源
ベルクト(Berkut)…イヌワシ
マイダン(Maydan)…ウクライナ語で広場(Майдан)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.