サバイバー 宿命の大統領

サバイバー 宿命の大統領
Designated Survivor(2016) シーズン1
 
『連邦議会議事堂が爆破され、議会も内閣も全滅。この未曽有の状況下で、大統領権限継承順位1位となった閣僚トム・カークマンが、混乱の中大統領に就任する。』
 

 
最終的にジャック・バウアーが心無い「すまないと思う」を連呼しながら
テロリストを容赦なく抹殺していく・・・こともなく
今回のバウアーさんはかなりハートが弱いです。
 
弱いのにじゃんじゃん政敵やテロが頻発しハラハラします。
 
シーズン1時点で全容は判明しないので、いまのところまだ評価しかねる感じです。
テロによって移民排除の流れになるのもタイムリーな話だな~と思ったけど
タイムリーなだけに正論だけだとまた納得しがたい所もあるように感じた。
 
そんでもってこのシーズン1、思いっきりクライマックス途中でスパっと終わるので
シーズン2までもやもやすること間違いなしです。
 
テロものの映画だと
4デイズ(Unthinkable)のラストが凄い好きだ。
綺麗事の応報って感じで。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください