ファウダ 復讐の連鎖

ファウダ 復讐の連鎖
fauda(2015)イスラエル ドラマ
 
『殺したはずのパレスチナ人活動家が姿を現す。再び迎え撃つはイスラエル精鋭部隊の敏腕エージェント。生と死が交錯する混沌の中、運命の歯車がいま動き出す。』
 

 
イスラエル製作でありながらパレスチナでも人気のドラマだそうです。
 
イスラエル精鋭部隊VSパレスチナ人テロリストのお話なんだけども
どっちが正しいというよりは
登場する大人が基本的に全員どこか歪んでいるのでいまいちどれも応援できないというか、なんというか。

まぁ両国のこれまでの経緯あっての歪みもあるんだろうけど。
 
ただ、いまいち掴めない人物像のおかげか次どういうことになるのかハラハラしつつ一気見してしまいました。
最終攻撃用の兵器も日本人からはドキっとする兵器だったし。
 
大雑把にいうと
歪んだ大人たちに翻弄されながら
こじらせた童貞(個人的偏見)が覚醒する話。と…
 
ちなみに
寝取り同僚ナオール役のツァヒ・ハレヴィ(Tsahi Halevi)
テロ首謀者アブ・アハメド役ヒシャム・スリマン(Hisham Suliman)
アブ・アハメドの部下ワリード役シャディ・マーリ(Shadi Mar’i)

 
ベツレヘム 哀しみの凶弾
Bethlehem(2013)イスラエル 映画
 
『イスラエルのシークレット・サービスの情報屋として信頼を築いていた青年、サンフール。ところが兄のイブラヒムがシークレット・サービスの標的になり…』
 

 
こっちでも(こっちが先だけど)
イスラエル諜報機関エージェント・ラジ役ツァヒ・ハレヴィ(Tsahi Halevi)
テロ首謀者イブラヒム役ヒシャム・スリマン(Hisham Suliman)
イブラヒムの弟サンフール役シャディ・マーリ(Shadi Mar’i)
 
という似た配役でやってるのでファウダ良かった人はこっちもいいんじゃなかろうか。
 
こちらも
童貞(個人的偏見)が〆てくれるのです。
 
「ファウダ」のドロンの妻ガリ役Neta Gartyが「ベツレヘム」のラジの妻役Michal Shtamlerと似てて
最初同一人物かと勘違いしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.