ブロークン・フラワーズ

ブロークン・フラワーズ(Broken Flowers)[2005]


監督:ジム・ジャームッシュ
出演:ビル・マーレイ、ジェフリー・ライト、ジェシカ・ラング、シャロン・ストーン
ティルダ・スウィントン、フランセス・コンロ

 

若いころは数々の女性と浮名を流したオッサン、ドン・ジョンストン(ビル・マーレイ)。
そんな往年のプレイボーイのもとに一通の手紙が届く。
内容は20年前に別れたという恋人からで、実はあなたの息子がいて
今年19歳になって家出をしました。きっと父親である貴方を探しに旅に出たに違いない。というもの。

手紙には住所はおろか名前も無しで20年前に別れたという事以外手がかりなし。
ドンは友人のゴリ押しに負けてかつて付き合っていた女性達を訪ねる旅に出る。

 

ビル・マーレイの燻し銀の演技が光る大人のロードムービーです。
老いてなお衰えないエロ目線と
「変わっていく人々」へのどこか冷めた目線
さらに「自分はそもそも何してんだ」って感情がグネグネしながら
物語は進む。淡々と。

ラストは人によって解釈がいろいろあるんだろうけど
ネタバレになるので以下反転。

 

個人的解釈。
最後はドンの「助言」に集約というか
その「助言」に自ら釘を刺される表情にみえた。
このへんは見る人によって感じ方がまったく違うんだろうけど。

ちなみにラストの車に乗っている男は
ビル・マーレイの本物の息子「ホーマー・マーレイ」だそうです。
だからといって彼がドンの「息子」だとも言わないけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください