ロスト・イン・トランスレーション

ロスト・イン・トランスレーション(Lost in Translation)[2003]

監督:ソフィア・コッポラ
出演:ビル・マーレイ、スカーレット・ヨハンソン、ジョバンニ・リビシ、アンナ・ファリス

サントリーウイスキーのCMに出演するために来日したハリウッド俳優ボブ・ハリス(ビル・マーレイ)と
結婚したばかりだが仕事に忙しく夫に相手なされない人妻シャーロット(スカーレット・ヨハンソン)の
淡い出会いの物語。

 

実際、監督であるソフィア・コッポラがかつての夫であるスパイク・ジョーンズとともに
来日した際に仕事優先でまったく相手にされず
寂しい思いをしたことからできた映画だそうで、
カメラマンの旦那はスパイク・ジョーンズがモデル。

個人的には俳優ボブ・ハリスというより
まんまビル・マーレイが日本に来ている。と歓喜した映画です。

狂った日本がちゃんと捉えられていてそのへんもお薦めです。

最後にボブが囁いている言葉はアドリブらしいけど
なんて言ってたんだろうな~
そのへんもネットで調べるといろいろ面白いですよ・・・と。

 

それにしてもこの映画、スカーレット・ヨハンソンが可愛いです。
後半、部屋にいるときのスリッパ姿にキュンときました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。