復讐モノ2作

DVD鑑賞。

オススメ度★★(何点満点かは未定)

ドラッグの売人やギャング団の抗争が相次ぐ危険な地区で
退役軍人ハリー(マイケル・ケイン)は入院中の妻の見舞いをし
親友レナードと趣味のチェスを楽しむ静かな日々をおくっていた。
そんななか呼び出しで病院に向かうもギャング達の巣窟を迂回したため妻の最期を看取れず、
追い打ちをかけるように親友レナードもギャング団に惨殺されてしまう・・・

という、じいちゃん復讐映画。
元軍人ですが、よくある復讐映画のように超人的殺戮能力は無く
老体に鞭打ち復讐を始めていきます。
強盗に襲われて反射的に相手瞬殺とかシブい。

ダークナイトなど今期バットマンシリーズの執事アルフレッド役でおなじみの
マイケル・ケインの哀愁ただよう感じが良いです。
このひと、突っ立ってるだけでも絵になるな~と思った。


オススメ度★★

国家情報院の捜査官スヒョン(イ・ビョンホン)の妻が惨殺される事件が起き、スヒョンは独自の捜査で犯人を割り出しギョンチョル(チェ・ミンシク)に目星をつける。彼は快楽殺人鬼ギョンチョルに対し報復を開始する。

オールドボーイ」のチェ・ミンシクが好きだったので見てみたんですが
イ・ビョンホンが良かった。(チェ・ミンシクはキワモノ役なのでまぁ・・・

途中参戦する殺人鬼カップルの登場が唐突すぎるとか
警察無視で動くスヒョンが野放しすぎるとか細かいツッコミどころはありますが
まぁまぁ面白い映画でした。どっちが悪魔かは是非見て感じるのが良いかと。
グロ耐性ゼロの人にはちょっとキツイかも。
個人的には「チェイサー」越えはしなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。