マンハント

マンハント:ユナボマー(2017)Manhunt:Unabomber
ドラマ シーズン1 全8話
 
『1995年、連続爆弾魔”ユナボマー”を追う対策本部に加わったFBI分析官のジム・フィッツジェラルド。
 姿の見えない犯人との長い闘いが始まった。』
 

 
1995年ぐらいの捜索から逮捕までと
1997年逮捕後の裁判の話が同時進行。
 
あくまで個人的な感想ですが
簡単に言うと
 
犯罪捜査という名目を盾に人を平気で裏切るというより裏切った事にも天然で気付かない自己中捜査官(気付いても俺悪くない感)
vs
いろいろあって些細な事でも裏切られたと逆恨みする拗らせ天才童貞
 
なんだけど直接対決って感じもそんなにないっていうか
犯人は基本家に引きこもってるだけだし
主人公あんまり現場に行かないしまぁ実話ベースってのもあるのかもしれないけど
似たような系統の『マインドハンター』はドキドキしたけど、こっちはイマイチ感情移入できなかった。
こういう犯罪捜査モノの主人公が犯人に感化されて闇に落ちていく感じも中途半端で「マンハント」のほうが飛びぬけてたなぁ
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。