Tag Archives: ゴースト

ゲーム ゴーストバスターズ研究会

Ghostbusters World

さぁさぁ始まりましたよ
Ghostbusters World(スマホゲー)
 

 
インストールに結構時間がかかることを除けば
我がスマホではそれなりに快適に楽しめています。
 
基本はポケモンGO的に街をあるいてゴーストを集めていくのと
捕獲したゴーストを編成してミッションをすすめていく2工程。
 

ライブラリーゴーストスライマーなどのオーソドックスなゴーストから
 

お前はゴーストじゃなくて妖怪ではないのか?って奴から
なんだか懐かしい奴まで。
 
ライブラリーゴーストお婆は結構序盤から活躍してくれています。
 

 
難易度ちょっときついなーと思っていたけど
上の2体が取れたあたりからかなりミッションが楽になりましたよ。と。
 
イヴォ・シャンドアさんとかこんな所で出会うとは!
 
 

近所にビーゴ大公が出現したので挑んでみましたが
まだ私のレベルでは歯が立ちませんでした。
トニー・スコレーリもまだ勝てませんでした・・・
いつかケツの穴から手つっこんで奥歯ガタガタいわしたろうと思います。
 
 
難点
 

 
デイナだと・・・
シガニー・ウィーバーをディスってんのか!?
 
Ghostbusters World
 

感想(邦画) 映画

呪×呪=笑

sk01
さっそく観てきました「貞子vs伽椰子」
ジェイソンVSフレディに歓喜したわたくしとしては待望の一作です。
かつてフレディがジェイソンに言い放った名言「なんで死なないんだ!」は、いまだに胸に刻まれていますよ。ええ。

「貞子vs伽椰子」についてですが
お祭り映画として見るならありですが、ホラーとしてはまったく怖くないです。(個人的見解)
願わくば前フリどうでもいいからもっと長くキャットファイトしてほしかったです。
最後はなんだか三池監督の名作デッドオアアライブFINAL思い出しました。

俊雄はもうお笑い要員にしか見えないっす
sk02

ゴーストバスターズ研究会 ゴースト図鑑

ビーゴ

ビーゴ大公(Vigo the Carpathian)

フルネームは
ビーゴ・フォン・ホンブルグ・デュッセンドルフ(VIGO VON HOMEBURG DEUTSCHENDORF)

gh303

1505年 ウクライナで生まれる。
カラパチア地方の領主として君臨した魔術師で凶人。

ドクロ山の頂上にそびえる拷問城に居を構え
虐殺の限りをつくし
「血も涙もない残酷大王」
「悪魔の化身」と人々に恐れられた。

1610年、悪と災害を世にもたらしたビーゴ(105歳)は
毒を盛られ刺され、バラバラに解体され殺害されるも
死の直前、生首の状態で
「死は扉、時は窓、私はいつかよみがえる」
と予言を残し死んでゆく

105歳の死因が老衰でないのが凄いです…

彼の怨念は自身の肖像画に宿り

1989年、新ロマン派の展覧会に出品する絵として訪れた(運ばれた?)ニューヨークで
地下の心霊エネルギースライムの負のエネルギーを吸い上げ復活のための霊力を蓄積する。
復活には人間の体を必要としディナの息子オスカーに転生を試みる。

肖像画の状態でも全身から霊気(オーラ)を発散し、心霊マガジンの表紙に売り込みできるほどで

テレキネシス、テレパシー、マインドコントロールの能力を持ち初期段階でクラス4の能力
スライムの能力を吸い上げ最終的にクラス7(ゴーザ相当)のパワーになっているそうです。

演じたのはヴィルヘルム・フォン・ホンブルグ(Wilhelm von Homburg
声はマックス・フォン・シドー(Max Von Sydow

Ghostbusters: The Video Gameでは
オフィスにビーゴの肖像画が飾ってあって
会話してくれます。

日記

ルイージマンション2

研究会所属員(現在1名)としては買わないわけにはいかないと
買ってまいりましたよ、お化け退治げーむ。
ルイージマンション2

指が治るまで寝かせておこう・・・

 

もちろん本家もプレイ済みですとも。ええ。
Ghostbusters: The Video Game
英語が早すぎて1㎜たりたとも理解不能ですが
プロトンパックの爽快感が最高です。

ゴーストバスターズ2の2年後で事務所にヴィーゴの絵が回収してあって会話できて素敵です。

ゴースト図鑑

スコレーリ兄弟

スコレーリ兄弟(Scolari Brothers)

ヌンチオ・スコレーリ(Nunzio Scolari) 『デブ』と
トニー・スコレーリ(Tony Scolari) 『ガリ』。

1948年にスティーブン・ウェクスラー裁判長によって有罪にされ
電気椅子刑で処刑された凶悪犯兄弟。

裁判長のバスターズへの罵詈雑言に証拠品として置かれていたスライムが反応し
負のエネルギーが蓄積してスコレーリ兄弟をゴーストとして生み出した。
極刑にされた恨みもあるのか、まず裁判長から狙っている。

裁判所で大暴れするものの
「幽霊退治禁止」の裁判所命令と裁判の判決を取り下げることを条件に
バスターズによって捕獲される。

通説ではモデルはイゴン役のハロルド・ライミスの父ネイト・ライミスの店に
強盗に入ったスコレーリ兄弟という実在の犯罪者らしい。