Tag Archives: ナネット・バースタイン

感想(ドキュメンタリー)

Gringo ジョン・マカフィー: 危険な大物

ジョン・マカフィー: 危険な大物 (2016) Gringo: The Dangerous Life of John McAfee
 
『その名を冠するアンチウイルスソフトで財を成したIT業界の重鎮、ジョン・マカフィー。
 時は変わり、世間を騒がす疑惑や悪行でその名がまた知られることに。』
 

 
私の中でマカフィーといえば
フリーソフトなどのインストール時に注意してないと勝手に抱き合わせでねじ込んでくる小賢しいイメージだが
一般的にはセキュリティ対策ソフト界の大御所ですの。
そんなマカフィーの創業者ジョン・マカフィーを追ったドキュメンタリー。
 
基本的に海外のドキメンタリーは真に受けないように心掛けて鑑賞してはいるものの
話半分にしても破天荒な人物である。
 
McAfee Associates設立 → 持株を売却して退職
→ コロラドに広大な土地を購入しヨガ教室 → 飽きる
→ 中央アメリカ北東部の小国ベリーズ移住 → 地元のギャングや警察を買収しカーツ大佐化 → 隣のアメリカ人殺害(容疑)
→ 逃亡 → 隣国グアテマラで逮捕 → アメリカ送還
→ リバタリアン党からアメリカ大統領選挙立候補 → 予備選敗退
→ MGT Capital Investments会長兼CEO就任 → 水力発電ビットコインマイニング事業開始
 
なんだかんだで駆除されず、またIT産業に返り咲いてるのもそうだが
作中語られる彼のハンモックを使った性癖にも驚愕した。性癖も破天荒である。

才能と人間性が比例しないことの典型のような人物だなとも感じた。
 
ジョニー・デップ 主演で「King Of The Jungle」というタイトルで彼の物語が映画化されるようなのでそっちも楽しみです。
 
gringo=スペイン語で「よそ者」。中南米ではとくにアメリカ人の蔑称