Tag Archives: ホラー

感想(邦画) 映画

来る

来る(2018)
 
『第22回日本ホラー小説大賞に輝いた澤村伊智の小説「ぼぎわんが、来る」を、『告白』などの中島哲也監督が映画化。謎の訪問者をきっかけに起こる奇妙な出来事を描く。』
 

 
中島哲也監督の前作「渇き」が結構好きだったので行ってきました。
怖さという面ではこの直近に観た「ヘレディタリー」には劣るけど趣旨が違うというか…
 
中盤までのドロドロした人間関係の助走も相まってか
ラストの「お祓いアベンジャーズ」による盛り上げ感は最高です。大好物です。
ぼぎわんってどんだけ強いねん!
 
昨今のJホラーのスターキャラクターといえば
貞子や伽椰子だったと思うわけですが「貞子vs伽椰子」でもうすでにホラーとは別次元に逝っちゃったので
 
今回の比嘉琴子(松たか子)は新スターの登場ですな
口調、飯の喰い方、殴り方などなぜかビンビン来ます。
比嘉姉妹シリーズ「ずうのめ人形」「ししりばの家」「などらきの首」を是非映像化していただきたい。
 
・・・
逢坂セツ子(柴田理恵)をみてて宜保愛子を思い出した
彼女もTVの露出が減った後、人知れず霊と戦い死因も胃がんじゃなくお祓いの失敗だったらいいな。なんて・・・なんて・・・
 
ラストの余韻を吹き飛ばすオムライスの国は
映像化する必要が本当にあったのかとかいろいろあるが、まぁ『楽しめた』映画でした。
 

感想(邦画) 映画

呪×呪=笑

sk01
さっそく観てきました「貞子vs伽椰子」
ジェイソンVSフレディに歓喜したわたくしとしては待望の一作です。
かつてフレディがジェイソンに言い放った名言「なんで死なないんだ!」は、いまだに胸に刻まれていますよ。ええ。

「貞子vs伽椰子」についてですが
お祭り映画として見るならありですが、ホラーとしてはまったく怖くないです。(個人的見解)
願わくば前フリどうでもいいからもっと長くキャットファイトしてほしかったです。
最後はなんだか三池監督の名作デッドオアアライブFINAL思い出しました。

俊雄はもうお笑い要員にしか見えないっす
sk02

感想(邦画) 映画

コロリも良かった

アイアムアヒーロー見てきました。

movie2016041

原作大好き組としては
どうしても改変具合と配役に目が行ってしまいがちでしたが

概ね許容レベルの改変と
気合の入ったグロ具合だった。
後半の展開はたぶん原作よりグロ全開。

比呂美→ 有村架純
てっこ→片瀬那奈
小田つぐみ→長澤まさみ

と、ずらりと揃った美人女優勢を大泉洋の演技が全部食ってるほどハマってた。
けっこう満足して見れた。

映画単体として冷静にみると
突っ込みどころもまぁまぁあるので70点ぐらいかな~

でも昨今の悪意あるんじゃないかとも感じてしまうような改変・配役の
漫画映画化作品群のなかにおいてはアイアムアヒーローはいい感じの映画化だと思いました。

スタッフロールに「浜松市のみなさん」と入っていたので
ちょっと地元を思い出した浜松市出身のボクでした。