Tag Archives: 安田顕

感想(邦画)

愛しのアイリーン

愛しのアイリーン(2018)
 
『幸せを買った男。シアワセを夢見た少女。二人で歩む、地獄のバージン・ロード!
新井英樹の原作をヒメアノ~ルで日本を震撼させた吉田恵輔監督が史上初の映画化。』
 

 
ヤスケンで新井英樹原作というのでヨダレ垂らして観てきました。
 
非常に赤裸々で身につまされ重い…が
お笑い要素も結構ある(ほぼ下ネタ)
 
「おまんこ」発言回数は史上最多ではないだろうか。
 
差別用語満載、隠語満載。
でもそれこそが新井英樹ワールドっぽいというか、なんというか。
 
とにかく主要メンバー全員がどこか壊れている
その破損部位が晒し出される瞬間のそいつの顔が絶妙だ。
吉岡愛子の終盤のあの情けない顔が忘れられない。
 
 
そんでもって、とにかく演技が良い。
安田顕、木野花は言わずもがなだけど
ナッツ・シトイは新井英樹作品ヒロイン感が出ててナイス抜擢だと思う。
 
ネタバレ感が凄いこっちの予告を見てると主題歌「水面の輪舞曲」が傷に染みる。
 
判子押しをさらっと見せてからのラストあのシーンとか泣いちゃうだろう
 
「一部の人」に激しくお薦めです。
 
この勢いでワールド・イズ・マインの映画化も…まぁあれは無理か。