Tag Archives: 弐瓶勉

感想(邦画)

BLAME!

BLAME!(2017)
 
『正常な機能を失い暴走する巨大階層都市で抹殺される人類。
孤独な旅人・霧亥は、人類の生き残りを賭け、かろうじて生き延びていた村人たちと共に戦うことを誓う。 』
 

 
弐瓶勉のデビュー作の映画化。
面白かった!
 
まぁ機械に支配されてるっていうありきたりな話ではあるが
もはやこのテーマってジャンルみたいなもんで「ゾンビをどう見せるか」が重要で
ゾンビぱくってるって言い出したら話が前に進まない気もする。
 
そういう意味じゃ「シドニア」といい、
ポリゴン・ピクチュアズと弐瓶勉の世界観がいい感じにマッチしてるのか
絶望的状況感が絶妙で良いです。
 
とにかくシボさんが素敵である。どの形態でも素敵である。
シドニアの白羽衣つむぎも良かったが、これからはシボさん押しでゆきます。
 
BLAME!(ブラム)公式サイト