Tag Archives: E・L・カッツ

感想(洋画) 映画

スモール・クライム

スモール・クライム(2017)Small Crimes
 
『6年の刑期を終え釈放された元警察官。第二の人生を歩もうと故郷に戻るが、暗い過去が容赦なく彼につきまとう。
本当にこの町で人生をやり直すことはできるのか。』
 

 
暗い過去が容赦なく彼につきまとう。っていうけど
見ていくほどに主人公の根底がクズなので同情できなかった。
 
改心しようとするけど昔のしがらみから逃れられないというよりは
被害者感全開で自己中心的にしか思考していかないので自業自得に見えた。
 
介護の彼女の、あの行動力はなんだったんだろう。
彼女のバックボーンがないのを百歩譲って、唯一の味方のあの結果に主人公の心情がそれほど変化しているようにも見えないのもなんだかなぁ…。