Category Archives: 感想(洋画)

感想(洋画) 映画

スターウォーズ 最後のジェダイ

スターウォーズ 最後のジェダイ(2017)Star Wars: The Last Jedi
 

 
早速、コミコミの中、観てきました。
んー
とりあえず言えるのは、フォースが万能になりすぎているってことだろか
フォースってそんなんでしたっけ
 
あとは反乱軍の間抜けっぷりが目立つ。
さっきの話の流れなんだったの的展開。
 
観に行ってガッカリということもないが、もうちょっとなんとかならなかったのか。
 

感想(洋画) 映画

マッドタウン

マッドタウン(2016)The Bad Batch
 
『クスリ漬けの者が集う砂漠の共同体と人食い部族の集落。
 荒地に放置され、手足を失った女にとって、どちらを選んでも、悪夢が待っていることには変わりない…。』
 

 
Netflixオリジナルというか、海外劇場公開済・DVDリリース済で日本配給がNetflix独占配信のもの。
 
無法者が跋扈する無法地帯(マッドマックス風)に追放された女が
人食い部族に手足一本ずつ食われ復讐の鬼と化すいわゆるリベンジものかと思いきや
なんだかそういう感じでもなく煮え切らない主人公。
 
食べるものが無く生きるためにしかたなく人肉食ってる割には
呑気に筋力トレしてムキムキの人食い集落の住人や、
主人公がラリって歩いた距離と帰りの距離間の違いが凄かったり整合性がまったく感じられないが
全盛期の三池崇史作品みたいなもんだと思えば呑み込めないこともない。
 
キアヌのぷよぷよのお腹とジム・キャリーの哀愁漂うジジイっぷりが必見です。
 

感想(洋画) 映画

エイリアン: コヴェナント

エイリアン: コヴェナント (2017) Alien: Covenant
 
「プロメテウス」の続編で、エイリアン新シリーズの2作目。
 

 
いちおうゼノモーフ大好きっ子として観には行ったものの
プロメテウスの時点でわかっちゃいるんだけど
そんな小難しいの求めてないんだけどなぁ…
 
小難しいわりに乗組員達の大半が微妙な奴ばかりで納得いかない感。
 
エイリアンってプリクエルいらないんじゃなかろーか。謎のほうが素敵な事もあるじゃない。
 
それにしてもヒロインたしかに近藤春奈に似てるなw
 

感想(洋画) 映画

ヒットマンズ・ボディガード

ヒットマンズ・ボディガード(2017)The Hitman’s Bodyguard
 
『ボディガードとは、命の危険を伴う過酷な仕事。だが今回の危険度はけた違い。
 次々と迫りくる刺客から、伝説の殺し屋を守り切れ!』
 

 
日本劇場未公開のNetflix配信。
 
爽快です。
いまをときめくライアン・レイノルズをはじめ
サミュエル・L・ジャクソン、ゲイリー・オールドマン、サルマ・ハエックなど豪華メンバー。
 
サルマ・ハエック美しいのう(*´Д`*)部屋の隅に立たされたい
キンケイドとの出会いのシーンはTITTY TWISTERを思い出したよ。サンタニコ~
 
アクションシーンはエクスペ3の監督なだけあって日本で劇場未公開なのがもったないぐらい良かった。
シートベルトは大事だね
 
贅沢を言えば、もうちょっとブライスとキンケイドの対比が明確だったら良かったのになーと。
デジタルとアナログとか、矛と盾っぽい感じとか、人当たりの部分とか。
 

感想(洋画)

刑事ハンサム

刑事ハンサム(2017)Handsome: A Netflix Mystery Movie
 
『殺人事件を捜査する刑事、ジーン・ハンサムにとって、事件解決のカギを見つけるよりも、
 自分の孤独な私生活に足りないものを見つける方がずっと難しい…。』
 

 
Netflixオリジナルミステリーとうたわれているが
そんなものは冒頭5秒で打ち砕かれる単なるコメディである。
 
全編シュール。
主人公以外全員ポンコツ。
唯一まともな主人公も日本的な突っ込み役というわけでもないので
見ながら心の中で「なんでやねん」を連発しながら鑑賞した。
 
ポンコツが多すぎて後半飽きたけど
ラストの娘っ子の踊りは良かった。
 
主人公のおっとりしたおデブ刑事ハンサム役のジェフ・ガーリンが
なりすましアサシン」のケヴィン・ジェームや、それこそダン・エイクロイドのようなやさしそうなおデブというより
どことなく狂気を感じさせるおデブなんだよなぁ
 
とおもいつつググったらリアルではそれなりにバイオレンスなようである。
 
正直、それほどオススメ作品でもない。