スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け

スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け(2019)
Star Wars: The Rise Of Skywalker
 
『1977年公開の第1作以来、世界の人々を魅了し続けている超大作シリーズの完結編。』
 

 
早速、初日に見てきました
最後のジェダイ」の血統じゃないみたいな流れから
なに?結局血統なの?みたいな方向性になって戸惑った。
個人的には「フォースの覚醒」で垣間見えた元ストームトルーパーであるフィンが物語の中心となっていく話を見たかったが
ドラゴンボールかよ!と突っ込みたくなるほどパワーアップしたフォースも相まって
結局サイヤ人の物語なんだな…と感じなくもない。
 
あとは、序盤所々で「ふぁ?」となる万能すぎるフォース。
それできるならあの問題どうとでもなるんじゃねぇの?とか突っ込みどころは多いんだけど
後半の怒涛のたたみかけとラスボスの超パワー見せられて「もうどうでもいいや」と思考放棄した。
 
新3部作としては迷走した感は否めないけど
全9部作としてはまぁ大団円ではないかと変に納得させられた気がした。気がした。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください