Tag Archives: デヴィッド・フィンチャー

感想(ドラマ)

マインドハンター シーズン2

マインドハンター シーズン2(2019) Mindhunter Season2
海外ドラマ シーズン1-9話
 
『1970年代後半、殺人犯の心理を研究して犯罪科学の幅を広げようとするFBI捜査官2人。
 研究を進めるうち、あまりにリアルな怪物に危ういほど近づいてゆく。』
  

 
待ってましたシーズン2
 
シーズン1と同じく刑務所にいる大量殺人鬼への聞き取りと
リアルタイムで起こる殺人事件の捜索が並行し
徐々に連続殺人鬼のプロファイリングを確立してゆく過程が描かれる。
 
新上司就任で風向きが変わりそうではあるけど
まだプロファイリングもホールデンの直感の域を出ない扱いというか現場はなかなか動かないですな。
 
刑務所聞き取りは
「サムの息子」ことデビッド・バーコウィッツ
ウィリアム・ピアースJr(これかな?)、
ウィリアム・ハンス
エルマー・ヘンリー(詳細はディーン・コール)、
チャールズ・マンソンとテックス・ワトソン、
ポール・ベイトソン等々が登場。
 
シーズン1のエド・ケンパーが怖すぎたのと
今回は捜査官達が事件を鏡に自身の問題と向き合わされるような感覚のほうが強く緊迫感はそこまででもなかった。
ホールデンの抱えた「問題」も後半それほど響いてなかったし。
 
そして今回のメインであるアトランタで起こる殺人事件
犯人の登場シーンはゾクっとした。
なんだろう、確証もない段階なんだけどたたずまいだけで感じる「こいつアカン奴や」感は
デヴィッド・フィンチャー凄いなぁと。
 
今回もおすすめです。
 
 
 
 
【以下ネタバレ、未見はリンクとばないように

冒頭に毎回出てくるあいつは2005年逮捕だし物語の流れるスピード的には捕まる話までいかないんだろうなぁ
 
ちなみにアトランタの殺人事件の詳細はこっち
 

感想(ドラマ)

マインドハンター

マインドハンター (2017) Mindhunter
海外ドラマ シーズン1-10話
 
『1970年代後半、殺人犯の心理を研究して犯罪科学の幅を広げようとするFBI捜査官2人。
 研究を進めるうち、あまりにリアルな怪物に危ういほど近づいてゆく。』
 

 
FBIのプロファイラー、ジョン・ダグラスのノンフィクション「マインドハンター」原作
デヴィッド・フィンチャーが製作総指揮
 
ここ最近見た海外ドラマで一番ツボにはまった。面白い。怖い。
 
基本刑務所にいる大量殺人鬼への聞き取りと
リアルタイムで起こる殺人事件の捜索が並行し
徐々に連続殺人鬼のプロファイリングを確立してゆく過程が描かれる。のだけど
 
開始当初はそんな捜索方法は確立しておらず手探りなので
バシバシ事件を解決していくとかはなく、まさに「闇の中」。痛快要素皆無です。
 
出てくる殺人鬼は実在人物がモデルで
エド・ケンパージェリー・ブルードスリチャード・スペックなどなどが登場
 
直接的な残虐描写は無く、淡々と会話劇が進行していくだけなのに
「あ、これやばい奴や」とゾクゾクくるのは凄いです。
 
シーズン2も確定していて
今後、主人公である若き捜査官ホールデン・フォードが自分を見つめなおし
立派な捜査官となっていくのか、はたまた「闇落ち」するのか楽しみな1作です。
 
 
 
【以下ネタバレ、未見はリンクとばないように】
 
ちょくちょくでてくるヒゲのオッサンがあいつかもしれないということは
デヴィッド・フィンチャーだしあの事件ともからんだような内容になっていくのか待ち遠しい限りです。