Tag Archives: Narcos

感想(ドラマ)

ナルコス: メキシコ編

ナルコス: メキシコ編(2018)Narcos Mexico
ドラマ season1 1~10話
 
『80年代に世界を震え上がらせたメキシコの麻薬戦争はどのように生まれたのか。
グアダラハラ・カルテルをめぐる、欲望と野望に満ちた真実の物語がいま語られる。』
 

 
Netflix復帰したので遅ればせながら見ました。
 
ナルコス:シーズン3終了時の時系列あたりかと思いきや
まさかのさかのぼって1970年後半からスタートのミゲル・アンヘル・フェリクス・ガジャルド主人公とは予想外。
(パブロ・エスコバル射殺が1993年)

メキシコ編シーズン2も確定していて、メキシコ編シーズン1はまさに激烈なメキシコ麻薬戦争の序章といった感じでしょうか。
1970年後半ということもあって先に観ていた『エル・チャポ』に登場した麻薬王たちがまだ若くてピチピチです。
 
押さえておきたい主要キャラを『エル・チャポ』も交えて。
 
 

ミゲル・アンヘル・フェリクス・ガジャルド(Miguel Angel Felix Gallardo)
本作主人公。シナロア州警察の元警官。
「プラサ」と呼ばれる独立した縄張りを連携し密輸ルートを確立。グアダラハラ・カルテルを創設した。
マリファナ、アヘン密輸で組織を拡大し
コロンビアのコカイン・カルテルと手を組みメキシコ経由の麻薬取引を一手に仕切る麻薬王となるが・・・

『エル・チャポ』では既に帝王となっているジジイ状態だったので今作は若々しくて新鮮です。
 
 

アビレス・ペレス(Pedro Avilés)
ミゲルやドン・ネトらが所属するメキシコ麻薬密売黎明期の組織のボス。
自己中災いして悲しいことに。
 
 

ラファエル・カロ・キンテロ(Rafael Caro Quintero)
ミゲルの相棒でありグアダラハラ・カルテルの創設主要メンバーの一人。
グアダラハラ・カルテル初期最大の功労者であり最大のトラブルメーカー。
あんまり反省しない点も含め困ったちゃん。
劇中のあの事件とか、あの事件も実際に起こしてるそうな。
2013年に刑期を12年残して釈放されたもののアメリカ激怒で国際指名手配中だそうです。
 
 

エルネスト・フォンセカ・カリージョ(Ernesto ‘Don Neto’ Fonseca Carrillo)
ドン・ネトこと「エルネスト・フォンセカ・カリージョ」
最初はいけ好かない感じだったがだんだん味が出てお気に入りの登場人物。
グアダラハラ・カルテルの創設主要メンバーの一人。
 
 

アマド・カリージョ・フエンテス(Amado Carrillo Fuentes)
エルネスト・フォンセカ・カリージョの甥。
大量のプライベートジェットを所有し別名「空飛ぶ麻薬王」
仕事は出来るのになんだか頼りなさげ。なんでかな?顔?
 
 

イザベラ・バティスタ(Isabella Bautista)
ミゲルとコロンビアのコカイン・カルテルの橋渡し役として大いに貢献する女性。
結構頑張ってるのにあんまり報われない感じでせつない。

このキャラのモデルはサンドラ・アビラ・ベルトラン(Sandra Avila Beltran)
「太平洋の女王」と呼ばれたカリスマ女性麻薬密輸業者。ミゲル・アンヘル・フェリクス・ガジャルドの姪
 
 

ホアキン・グスマン(Joaquin Guzman)
通称エル・チャポ(El Chapo)
後にシナロア・カルテルのボスとなり史上最大の麻薬王となる人物。『エル・チャポ』主人公。
ナルコス: メキシコ編ではまだまだ超下っ端ですが、この男がゆくゆくメインプレイヤーになるであろうと思われます。
 
 

ベンジャミン・アレラーノ・フェリックス(Benjamin Arellano Felix)
ミゲル・アンヘル・フェリクス・ガジャルドの甥。アレラーノ兄弟。
バハ・カリフォルニア州ティフアナを拠点にしている。後のティフアナ・カルテルのボス。
宿敵となるチャポともまだ仲睦まじく交流してるシーンも。
 
 

ラモン・アレラーノ・フェリックス(Ramon Arellano Felix)
アレラーノ兄弟。
『エル・チャポ』と違いまだおとなしめだが血の気は多いっぽい。
 
 

フアン・ホセ・エスパラゴーサ・モレーノ(Juan José Esparragoza Moreno)
メキシコの情報機関DFS(Dirección Federal de Seguridad)の諜報員。
麻薬組織に買収されておりDEAの捜査妨害をしてくる困った奴。
後に組織に入りホアキン・グスマンらとシロアナ・カルテル創設メンバーとなる人物。通称エル・アスール
 
 

キキ・カマレナ(Enrique ‘Kiki’ Camarena)
ナルコス: メキシコ編もうひとりの主人公。
アメリカ麻薬取締局DEA(Drug Enforcement Administration)の捜査官。
本作は彼の不屈の闘志を描いた物語でもある。
 
 
ナルコス: メキシコ編、是非。
ナルコス: メキシコ編 | Netflix
 

感想(ドラマ)

ナルコス シーズン3

ナルコス シーズン3(2017) Narcos:Season3
 
『暴力的で知られるコロンビアの悪名高きドラッグ・カルテル。
 実在するその元締めの複雑で壮絶な人生を描くギャングスター・ドラマの決定版シリーズ。』
 

 
パブロ・エスコバル率いるメデジン・カルテル崩壊後のカリ・カルテル全盛時代の話
メデジン・カルテルのいわゆるエスコバル、ワンマン経営と違い
カリ・カルテルは組織力を武器に政府や警察・企業にまで巧妙に癒着し
前回にもまして腐敗感満載。
 
そのわりには小さな綻びからそれぞれの思惑が錯綜しグダグダになっていくあたりには
なんだか自壊していっているようにも見えた。
 
カリージョ大佐亡き後の今回の注目は、周りが駄目なやつだらけで
仕事が出来るだけで全く望んでいないのにカルテルでどんどん出世していく男・ホルヘ(Matias Varela)だ。
カルテル裏方のホルヘ視線で進行するせいで
地味にナベガンテ(Juan Sebastián Calero)がいい味だしてたなぁ~と思った。ナベガンテのエピソードもっと欲しかった(´Д`;)ハゲ好きなんだなぁ
 
シーズン4も決まっているということで
次回の舞台は「待望のあそこ」っぽいので
フアレス・カルテルとかかなぁ?アマド・カリージョ・フエンテス(José María Yazpik)が出てたし。
作中の年代的にはまだまだ先だけどホアキン・グスマンの大帝国誕生ぐらいまでシーズン続いてくれるといいのにな。
 

感想(ドラマ) 映画

ナルコス Narcos Season 2

Narcos Season 2 見終わりました。

https://www.netflix.com/title/80025172
 
movie20160904
 
大まかには
メデジン・カルテル、カリ・カルテル、取締捜査官の最終決戦が展開されるわけですが
各陣営に内通者いるわ
THE残虐部隊ロス・ペペスまで台頭して血みどろ展開に。
シーズン1よりエロシーン減で残念です。
 
個人的には満を持して前線復帰した鋼の男カリージョ大佐の退場速度に泣きました。
 
お話としてはこれで終了っぽくもありますが
最後の締め方も含めて、まだ悪い奴らうじゃうじゃ残ってるのでシーズン3もありえるかもしれないですねぇ
 
シーズン1のDVDが10月5日にやっと発売
ナルコス 狂気の麻薬王DVD-BOX
 

予告 映画

シーズン2

待望のぉ!
ブレイキングバッド以降いまいちハマれるドラマに出会えてないので待ち遠しいでございます。

感想(ドラマ) 映画

大佐かっこいい

ナルコス見終わりました。
 
https://www.netflix.com/jp/title/80025172
 
さすが有料配信独占ドラマだけあって乳でまくり殺害しまくりですのう。
第2シーズンの制作決定が決まっているのを知っていてみたので
パブロ・エスコバルの生涯と照らし合わせると
なんだか展開速いし次のシーズン尺埋まるんか?とかへんな心配しながら見てました。
Los Pepesまわりの陰謀が展開されるんだろうな~

とにかく鋼の男カリージョ大佐↓に惚れるドラマです。
 
movie201603
 
エスコバルさんはあれですね
裏切りの疑い→殺害までのレスポンスがめっちゃ速いですの