イヴォ・シャンドアIvo Shandor

イヴォ・シャンドア

イヴォ・シャンドア(Ivo Shandor)は1855年に誕生し
医師と建築家という二つの顔を持っていました

医師としては診療で不必要な手術(人体実験?)を多く行ったことで有名でした。

第一次世界大戦後、社会に絶望し
古代シュメールの神「ゴーザ」に心酔、1920年頃、秘密結社「ゴーザ崇拝」を組織した。


1927年にはシャンドア鉱山会社を設立、
鉱山労働者の街としてオクラホマ州サマーヴィルの町も1928年に建設が始まりました。
町の建物の大半はシャンドアとその支持者によって建設され
「ゴーザ崇拝」は1000人近くの信者を集めるほどに至っていました。

シャンドア鉱山で採掘されたセレン鉱は製錬され、サマービルからニューヨーク市に送られ
霊を意図的に集めるための超電導アンテナとして高層ビル(550 Central Park West)の建築に使用されました。
これはのちに「ゴーストバスターズ(1984年)」の事件の元凶となりました。
1945年5月20日、シャンドア鉱山の鉱山労働者が坑道から飛び降りて集団自殺したため、鉱山操業は閉鎖を余儀なくされました。
イヴォ・シャンドアもこの年死去しシャンドア鉱山内に建設された寺院内に埋葬されました。

シャンドア鉱山閉鎖とともに街も廃れていきましたが
現在でもサマーヴィルの街にはいくつかの建物にシャンドアの名や「ゴーザ崇拝」のレリーフなどの名残があり
サマーヴィル・ミドル・スクールの校章にもそれっぽいデザインが含まれています。

この鉱山内に埋葬された「イヴォ・シャンドア」。ゴーザ復活時に目を覚まします。
シャンドアは生前に怪しげな医療や儀式を行っていたため、来る厄災の時まで仮死状態であったのかもしれません。

が、しかし破壊神「ゴーザ」は現世を終わらせて新世界を望むシャンドアにまったく興味を持たず「さけるチーズ」のように真っ二つに裂いてゴミのように殺してしまいました。
さすが破壊神。そこにシビれる。憧れる~

イヴォ・シャンドア


ちなみにいつのまにかサービス終了した
悲しき位置情報ゲーム「ゴーストバスターズ・ワールド」でGETしたイヴォ・シャンドア。

結構強キャラで役に立ったが
プレイ人口が少なすぎてフィールドボスに勝てなかった悲しい思い出がぶり返す。

それにしてもこっちはいつ発売なのかなぁ

HOME > ゴーストバスターズ研究 > 登場人物(2021) > イヴォ・シャンドア